早朝外ヨガ・太陽礼拝

毎年この時期に早朝ヨガをやってます。


毎年、田原の蓮池の畔でおこなっていましたが、

今年は田原市和地にあるカーサ・ディ・ノンノさんが
場所を提供してくださいました。


朝5時30分スタートという無謀な外ヨガ。

田原から、豊橋から爽やかにお集りいただきました!


今朝の田原はちょっと霧がかっててて、

気温もちょうどいい感じ。


朝なのでね、

気持ちよく呼吸をしてもらいたいっていうのと、


朝なのでね、

太陽礼拝してエンジンかけたいっていうのと、


テーマはこの2つをご提案させていただきました。


太陽礼拝、

サンサルテーション、

スーリヤナマスカーラ、


いろいろ呼び方があります。


「すべてを照らし出してくれる太陽に感謝する」

「元気の源の太陽に感謝する」

っていう対象を太陽さんに置いた意味合いはよく聞きますが、


基本太陽の方向を向いて行う太陽礼拝、


自分が見る対象っていうのは、

自分の中にも必ずありますから、

「自分の中の輝き(太陽)を感じる」

「自らの輝きで本当の自分を照らし出す」

「自分の内にあるエネルギーを感じる」
そんな祈りのような意味合いも含まれています。

タダーサナ&アンジャリ・ムードラ

ウルドゥヴァ・ハスタ・アーサナ

ウッターナーサナ(立位の前屈)
ランジ

アド・ムカ・シュヴァーナーサナ(ダウンドッグ)

アシュタンガーサナ(八点のポーズ)
ウルドゥヴァ・ムカ・シュヴァーナーサナ(コブラ)

アド・ムカ・シュヴァーナーサナ

ランジ

ウッターナーサナ

ウルドゥヴァ・ハスターサナ

タダーサナ


私はここにプランクも入るし、

アレンジもしますが、
基本、上に挙げた12個のポーズを連続して行うものが太陽礼拝です。



はじめは、ついていくのに必死で呼吸と動きがバラバラしたり、

「自分の内の輝きを〜〜〜」なんて言ってもられないとは思うんですが、

ちゃんと出来るようになります!!!

太陽礼拝にはヨガの主要なポーズがぎっしり詰まっています。

これさえ押さえておけば、
他のいろんなポーズも一段と気持ちよくなると思うんです。

(ツイスト系が入ってないけど)

太陽礼拝ができれば、そこからヴィンヤサフローにも発展できます。

そこで!
太陽礼拝分解クラスをつくりたいです。

つくります!

ひとつひとつのポーズを分解、

アライメントからお伝えし、

丁寧に仕上げていき、
最終的に流れるようなダイナミックな太陽礼拝ができるように。
そしてクラスに参加しなくても、

各々がその動きと太陽礼拝から得ることのできるハートやマインドを、

暮らしの中に持ち帰っていただくことが目的のクラスです。

なんとなくしているポーズ、
分解してみると、ものすごいことをしていることに気付きます。
身体の使い方が解ってきます。
心身に余裕が出て、安定感がともなってきます。
呼吸も動きも流れるように行えます。

1日のはじまりに太陽礼拝ができれば、

きっと日々の暮らしも豊かになる。

そう思うのです。


早朝外ヨガ時の太陽礼拝の中の一コマ

ウルドゥヴァ・ハスタ・アーサナ
(ブジャンガ、コブラともいう)

このアーサナひとつとっても、
伝えたいこと盛りだくさんなんです(笑)

それにしても、早朝ヨガ、
なんだか得した気分♪♪♪

参加くださったみなさま、

ありがとうございました!!!!